整骨院のリピート率をアップする 「5大ポイント」と患者さんがリピートしない「5大原因」

こんにちは!
整骨院サクセスコーチの太田です^^

今回のテーマはこれです!整骨院リピート

整骨院のリピート率をアップする「5大ポイント」と患者さんがリピートしない「5大原因」

 

突然ですが、クイズです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新規患者獲得費用はリピートしてもらう場合と何倍のコストが掛かると思いますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

正解は・・・

「5倍の時間とお金」掛かると言われています。

当然と言えば当然です。新規患者さんを獲得する場合はそのための方法として

チラシを配ったり・・・
広告費をかけたり・・・
ネット広告を出したり・・・

とにかく、新規獲得にはお金が掛かりますよね!?

だからこそ、新規獲得を頑張るよりも既存患者さんに「リピート」してもらうほうが絶対に簡単なのです!

ついつい忘れがちになるのが、「リピート」って手段ではなく「結果」ですよね。

ですので、こうすれば絶対にリピート率が上がります。という正解はありませんが、大きなヒントをお伝えします!

今回は・・・

①患者さんがリピートしない「5つの原因」
②ディズニーランドから学ぶリピート率を上げる「5つのポイント」

・・・この2つにについて
詳しく解説をしていきます(^_^)/

 

ヤング太田
手順は患者さんのリピートしない原因をまず知ること。
そして、ディズニーからリピートの秘訣を学んでください!

 

1.患者さんがリピートしない5大原因について

整骨院リピート

まずは、患者さんがリピートしない5つの原因についてです。

患者さんが離れる本当の理由というのは去っていった患者さん全員に聞くのが一番良いです。

でも・・・物理的に不可能ですよね?

そこで、以下のデータはアメリカのハーバード・ビジネス・レビュー誌(出典)が行った調査です。
顧客が離れていく原因は次の5つのランキングに大別できるそうです。


1位:事業者に相手にされないから(68%)

2位:商品やサービスに不満を感じて(14%)
3位:自分で価格や商品を比べて(9%)
4位:友人からの別商品のすすめ(5%)
5位:引越や死亡など(4%)

 

リピートしない原因の4位・5位から考えれること

 

5位:引っ越しや死亡(4%)

これらは致し方ないことだと思います。
物理的に通院できませんしコントロール不可能です。

4位:友人からの別商品のすすめ(5%)

これも患者さんの人間関係の事情もあるため、
こちら(整骨院側)が操作することは不可能です。

ただ、割合としては2つ合わせてもわずか9%です。

リピートしない原因1位・2位・3位から考えれること

 

1位:事業者に相手にされないから(68%)
2位:商品やサービスに不満を感じて(14%)
3位:自分で価格や商品を比べて(9%)

残りの91%については整骨院側がなんとか打開策を打てる可能性が高いものばかりです。

太田
それにしても・・・
「事業者に相手にされないから」
という理由が7割も締めるという
結果には僕はおどろきでしたね。

こちら側は相手にしていないつもりがなくても、患者さんがそう感じてしまった時点でアウトだということです。

・・・それではこの91%の部分をさらに詳しく深掘りしていこうと思います!

ヤング太田
内的要因と外的要因というやつですね!

 

①整骨院をリピートしない原因1:忘れてしまう。

本当に単純な理由ですが、これは真実なのです!

患者さんは整骨院の一歩外に出た瞬間に「旦那の給料が安い」「子供の学校のこと」「お姑さんのこと」など考えないといけないことが無数にあるわけです。

ずっとあなたの整骨院のことを考えていてはくれないです。
そのために、「定期的にコンタクト」をとる必要があるのです。

参考記事(定期的にコンタクトを取るための方法です)

【集客効果保証】休眠患者さんへのレター(はがき)文例集
整骨院リピート率アップにめっちゃ活用できる2つの心理法則とは?
整骨院フェイスブックリピート率アップセミナー

 

ヤング太田
リピートしない原因は自分の力不足だ!と
自分を責める先生が多いですが患者さんは忘れているだけです!

②整骨院でリピートしない原因2:失望してしまう。

先生はこれまでにお金と時間をかけて治療技術を学んできましたよね?
さらに治療技術の向上を目指して日々頑張っていると思います。

ただ悲しいことに、その苦労は患者さんに100%伝わることはありません。

一生懸命に施術をしても患者さんを失望させてしまうときがあるのです。

整骨院の商品は「治療」だけではありません。
その他の設備・環境やサービスが全て商品として含まれます。

そこでこれらの参考記事をみてください・・・
(患者さんはどこを見ているのか?がわかります)

「だからリピートしないのです!」先生には言わないけど患者さんがこっそり思っていること
⇒ 先生の代わりに僕が聞きにくいことをインタビューしました!
整骨院でリピート率が上がらないのは患者さんの小さなストレスが原因かもしれません!
⇒ これらはつい軽視していまいがちですがとても重要なことです。
また、意外なところをみられていたりもします。
整骨院リピート率アップの法則(衛生面をみくびるととんでもないことに!)

 

価値があるものはちゃんと価値を伝えてあげることは絶対不可欠です!

整骨院自費治療メニューの価値を伝える方法(相対的価値について)
伝え方次第!自費治療の価値を上げたい!そのための具体的な「14の方法」
⇒ 価値の伝え方についてはこれらもご参考にしてください。

ヤング太田
患者さんは以外なところで
失望している可能性が高いのです!
また、価値を伝えるのはこちら都合ではないですよ。
あくまでも、患者さんに教えて上げるためにです。

 

③整骨院でリピートしない原因3:飽きてしまう

 

整骨院は治療が商品だとしても、商品には必ずライフサイクルというものがあります。
ぶるぶるマシンが流行ったり、
ゲルマニウムが流行ったりと流行り廃りがあるのは事実ですよね。

何年も通っている患者さんがいる整骨院さんも多いと思います。
常に何らかな新鮮な要素をいれることは患者さんを飽きさせないために必要ですね。

 

④整骨院でリピートしない原因4:制覇してしまう

自費メニューやマッサージメニューなどで、毎回、同じ順番で同じスタイルで施術を行ったらどうでしょうか?
ワクワク感がなくなり、マンネリ化(制覇)して離れていってしまいます。

⑤整骨院でリピートしない原因5:優先順位が下がってしまう

「整骨院にいくなら〇〇先生がいる整骨院!」

これまで、1番と決めていた患者さんでも、明日2番に落ちる可能性は必ずあります。

家の近くに整骨院が新しくできた。
たまたま行った他の整骨院が気に入った。
マッサージ屋・エステが気に入ったなどです。

・・・2番じゃ本当にダメなんですよね!

その他こちらの記事も参考になるはずです:(2番にならないために・・・)
↓↓↓
整骨院のリピートアップ術を繁盛している婦人服店さんの秘密から学ぶ
⇒ また、1番と決めてくれている優良患者さんは大切にしなければいけません。
もうひとつの「整骨院の競争相手・ライバル調査法」
⇒ 同業者だけじゃなく、ライバルはどこにいるのか?わかりませんよ!

 

整骨院で患者さんがリピートしない最大のポイントは「人」対「人」の問題にあった!

 

患者さんが離れる理由の一番多い理由が「人」です。
治療院は患者さんのお身体に触れる仕事です。

整骨院ビジネスで人が嫌になってしまったら、完全にアウトですよね。

それは院長先生、スタッフ、受付さんの誰かに「相手にされていない」と感じることで始まるのです。

例えば・・・

・ベッドに寝かしたまましばらく放置。
・待合室で声を全くかけずに長時間待たせる。
・患者さんが無視されたと感じるようなことをする。
(あくまでも患者さんの主観でおこることです)

無視するのはもちろん論外ですが、相手にされていないと思わさない工夫が絶対に大切です!

ですから、問診の方法を見直すこと。
患者さんへの声掛けのポイントや声の掛け方を変えること。

それらが、リピート率に大きく関係していることがわかります。

まとめ:整骨院で患者さんがリピートしない原因

 

・新規患者さんの売上は既存患者さんの5倍コストがかかる
・既存患者さんがリピートしない原因の90%は打開策が打てる
・商品、サービスが原因の患者さん離れの割合はたった23%である
・「人」が原因での患者さん離れは、全体の68%もある

 

ヤング太田
まずは大きな部分を改善することが効率的ですよね!
ぜひ、優先順位を考えてみてください(^_^)/

2.整骨院にリピート患者さんを増やす5大ポイント

ここまでは患者さんがリピートしない「5つの理由」を説明しました。
ここからはリピート率をアップさせる「5つのポイント」についてです。

そのポイントについては僕がどうこう説明するよりも、リピート率「97%」を誇るディズニーランドから学ばない理由はありませんよね!


整骨院でそのまま活用できるディズニーのリピート秘策についてです!

※出典:ダ・ヴィンチ News:ディズニーの“また行きたくなる”マーケティング術

 

ディズニーランドがリピートを獲得するために行っている「5つの施策」

整骨院リピート

①:非日常の世界を体験してもらいリピートしてもらう

 

ディズニーランドといえば、やっぱり「夢の国」です。

マーケティングの世界でも言われる「モノをを売るな!体験を売れ!」とよく言われていることです。

治療院の世界でいつおよく言われていることは「治ったら何がしたいですか?」という体験を売ることです!

この質問できていますか?
ある治療家の先生は治療スペースのことを「ステージ」と呼んでおられるぐらいです。

あなたの治療院を「夢の国」にしてあげてださい!

 

②:徹底的な顧客目線のスタッフ教育でリピートしてもらう

 

ディズニーランドのキャストにはいくつかのルールがあります。


・危険という言葉を使ってはいけない。

・ゲストに「わかりません」と答えてはいけない。
・ゴミは一つでも見逃してはいけない。

当り前のような気もしますが、徹底するのは本当に難しいと思います。いつも思いますがディズニーのキャストの人たちは誇らしげですよね!
やはり、モチベーションは重要です!

あなたの院では患者さんへのルールがありますか?

 

ヤング太田
このルールは整骨院でもそのまま使えそう。
先生はネガティブワードなど使用していませんか?

③:ショーやアトラクションなどが常に入れ替えてリピートしてもらう

 

どんなに人気があったショーやイベントなどでも定期的に変わったり、バージョンアップをくり返しています。
売れているからできるのか?これをしているから売れるのか?

・・・僕は後者だと思います。

実際、新しいショーを見るためだけにリピートしてるゲストの割合はかなり高いとも言われています。

整骨院では新しい設備を導入したり、新しいメニューを導入したりということになります。

また、イベントを企画することもとても大切なことです!

【一年中がチャンス】整骨院での年間イベントの計画はコレでばっちり!
⇒ こちら側も楽しみながら行うことが最も重要です!
整骨院リピート戦略★患者さんの五感を満たすプチリフォーム3つのポイント
⇒ 費用を掛けずにプチリフォーム。患者さんを飽きさせない工夫です。

ヤング太田
整骨院でもお金をかけずとも工夫ができます!

④:来場者に退屈を感じさせずリピートしてもらう

 

人気アトラクションなどはすごい待ち時間ですよね。
その待ち時間ですら、退屈を感じさせない工夫を凝らしています。

いろんな演出を凝らしたり、景色を変えたりしていますよね!

整骨院の待ち時間での患者さんの不満を軽減させる「8つの法則」
⇒整骨院でも待ち時間を感じさせない工夫は必要ですね!

 

⑤アトラクション・ショーやイベントの豊富さでリピートしてもらう

1日では全部のアトラクションやショーなど廻りきれないほど充実しています。
よって、さらに感動を味わいたくなり、また来ようとリピーターが増えます。

 

まとめ:整骨院でもリピート率を高めるためにできること

患者さんがリピートしてくれない原因。
脅威のリピート率97%のディズニーランドが行っている施策。

いずれも特別に難しいことはしていませんよね?

これらの共通していえることは・・・

いかに顧客(患者さん)のお役に立てれるのか!
患者さんに喜んでもらうためにどうすれば良いのか!

を突き詰めたシンプルなカタチのように思えます。

ヤング太田
ひとつずつ、取り組めばきっとリピート率は上がります!
リピートって考えれば考えるほど
「結果」でしかないことがわかりますよね
リピートって「地味」ですね。

 

今日の★コーチングクエスチョン★です

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
いま、先生の院での新たに取り組めそうな
リピート施策はなんでしょうか?
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

普段、以外と深く考えないことだと思います。
ぜひ、この機会に考えてみてください(^_^)/

 

★ありがとうございます!★
参考になりましたら「いいね!」▼をクリック!(^_^)

コメントを残す